ローンの借り換えと審査

ローンの借り換えと審査

ローンには審査がつきものです。借り換えローンに際しても、審査で借りられるかどうかがわかります。
ローン貸付を行う側も、借り換えを希望する客が、確実に返済ができるかどうか判断することは難しく、結果的に審査は厳しくなりがちです。
現時点で、他社から借りているローンがどのくらいあるかや、過去に返済を滞らせたことがないかなど、細かな点までチェックした上で、審査の結果を出すところが多いようです。
これまでに、キャッシングの利用歴に延滞や返済不能などの問題を起こしたことがある人は、審査にはまず通りません。
他にも担保になる物件を持っていないかどうかも借り換えの審査の時には確認されるようです。
担保として住宅を用いる場合も、厳しめに担保評価額はチェックされます。借り換えを希望しているものの、以前と比較すると大幅に中古住宅の価値が下がり、担保割れしていることもあります。
担保割れが起きていたために、借り換え先が見つからなかったりもします。
審査の結果、希望額までの融資ができなかったという人は、少ない借入金額で妥協するか、他の金融機関からの借り換えを検討することになります。
地価の下落のあおりをうけて、担保評価額の200%までなら融資を可能にするという形で借り換えローンを使いやすくしているところもあります。
最初にローンの借り換えを申し込んだ会社がだめなこともあります。1カ所で断られたからといって、全ての会社が断るとは限りませんので、次の借り換えローンを探すといいでしょう。